バーンズ・ナイト(Burns Night)

by Mami on 01/28/2014

1月25日は「バーンズ・ナイト」でした。

この日はスコットランドの詩人ロバート・バーンズの生誕日。
1796年に37歳で亡くなった
この著名な詩人を記念して
ハギスをいただきます。

ハギスとはスコットランドに住む動物。
ーーという伝説が、かの地には伝わっているそうですが、
バーンズ・ナイトにいただくハギスは
羊の羊の内臓に、
オーツ麦やスパイスを混ぜて細かく刻んだものを
羊の胃袋に詰めて茹でたもの。

これにマッシュ・ポテトと
これまたマッシュしたスウィード(swede)という根菜を
合わせていただきます。

そして飲み物は、もちろん(!?)
スコッチ・ウィスキー。

わたしはウィスキーをほんの少し
ハギスにたらしていただきました。

正式には、バグパイプの演奏に合わせて
うやうやしく運ばれてきたハギスを前に、
バーンズの詩‘Address to a Haggis’をよみ上げ、
それにあわせて
ハギスにナイフを入れ、皆でわけていただく…
というのがバーンズ・ナイト。

でも、スコットランドの言葉で書かれた詩は
ほとんどのイギリス人には
読むのも発音するのも難しいそうです。

というわけで、
わが家では
ビデオで詩の朗読を見ながら
気分を味わいました。

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=C8l2m3_2Xjg[/youtube]

ハギスは
ロンドン市内の肉屋さんやスーパーなどでも
手に入ります。

もちろん、スコットランドに行けば
食べられる場所も多いはず。

ぜひ一度、試してみてくださいね。

*日々の仕事、近況、撮影した写真などを
facebook「マクギネス真美」ページに
掲載していますので、
よろしければそちらもご覧くださいね。

*メールでのメッセージ、
取材、撮影、翻訳、通訳等、
お仕事のご依頼はこちらからお願いします。

Comments on this entry are closed.

Previous post:

Next post: