藤本壮介氏デザインのサーペインタイン・ギャラリー・パヴィリオン2013(The Serpentine Gallery Pavilion 2013)

by Mami on 08/21/2013

毎年大きな話題になるサーペインタイン・ギャラリーのパヴィリオン。

今年は、日本人建築家藤本壮介さんデザインによる作品が
10月20日まで設置されています。

テレビのニュースで見た時は、
子どもたちが遊ぶジャングルジムの大きいのみたい(?)などと
思ってしまいました。

でも、もしジャングルジムみたいに
のぼれるものなら、ぜひのぼってみたい! とも思ったのです。

そして、のぼってきました!

のぼってみるのも楽しいのですが、
このパヴィリオンは、少し離れてながめたときが
最高に美しいです。

周囲の緑にとけ込んでいくかのような、
空の青(またはグレイ)に混ざっていくかのような
白い枝(のようにわたしには見えました)がのびている
大きな樹のようです。

屋根もちゃんとあるので、
雨の日に出かけてみるのも
また楽しいかもしれません。

すぐ前のサーペンタイン・ギャラリー内では
パヴィリオンに使われているスチールの一部が
オブジェとして140ポンドで販売されていました。

ギャラリー内で販売されていた藤本壮介氏についての本によると
彼のデザインによる「台湾タワー」
2017年、台湾に建設されるそうです。

これもぜったいに見てみたい!

でも、2017年まで待てない方は
まずはぜひ、サーペンタイン・ギャラリーのパヴィリオンへ。
パヴィリオン内にはフォートナム&メイソンのカフェも
オープンしています。

*Serpentine Gallery Pavilion 2013
場所:Serpentine Gallery, Kensington Gardens, London W2 3XA
会期:10月20日まで
入場無料

*日々の仕事、近況、撮影した写真などを
facebook「マクギネス真美」ページに
掲載していますので、
よろしければそちらもご覧くださいね。

*メールでのメッセージ、
取材、撮影、翻訳、通訳等、
お仕事のご依頼はこちらからお願いします。

Comments on this entry are closed.

Previous post:

Next post: