クッキング・アップルのつぼみ(Bramley)

by Mami on 5月 6, 2013

去年は、雨が多かったせいもあってか、
まったく実をつけてくれなかった
わが家の林檎の木。

今、たくさんつぼみをつけています。

この林檎、以前にご紹介したことのある
ブラムリー(Bramley)という種類。
イギリスでは「クッキング・アップル」として
よく知られています。

酸味が強く、
生で食べるとちょっと酸っぱ過ぎるのですが、
料理やお菓子に使うと
いかにも林檎らしい風味が出て
とてもおいしい。

つぼみに鼻を近づけたら
ちゃんと甘い香りがしました。

今年は実をつけてくれるかな?

*この記事を書いた翌日、
花が咲いていました(下の写真です♪)。
ミツバチが飛び回っていたから、
受粉できたかな?

*日々の仕事、近況、撮影した写真などを
facebook「マクギネス真美」ページに
掲載していますので、
よろしければそちらもご覧くださいね。

*コメント大歓迎です。
また、メールでのメッセージ、
取材、撮影、翻訳、通訳等、
お仕事のご依頼はこちらからお願いします。

{ 4 comments… read them below or add one }

Hiro 5月 7, 2013 4:28 pm

これって緑色じゃなくて、赤い実がなるんですか?
すっぱい果物、って聞いただけで、ほっぺたと背中が
しょわーってします^^;
料理するときっとおいしくなるんでしょうね。
、、、エールには、あいますか? ^^;

Mami 5月 8, 2013 5:35 am

Hiroさん、コメントありがとうございます。
実は緑色です(ほんのり赤くなる場合もありますが)。
アップルクランブルやアップルパイなどの
お菓子に最高ですが、
アップルソースにして、
ローストポークなどに添えてもとーってもおいしいです。
その場合、エールにもあると思いますよ。

Hiro 5月 8, 2013 9:15 am

ロースとポークにアップルソース
エールの色と香りがうかんできて、、、

 あ おいしそう ^^

Mami 5月 8, 2013 5:54 pm

Hiroさん、次回ロンドンにいらしたときには、
ぜひポークとアップルソースの組み合わせ、
試してごらんになってくださいね!

Leave a Comment

Previous post:

Next post: