オイスターカードでチャリティ(Oyster Charity Box)

by Mami on 2月 11, 2012

ロンドンのオイスターカードについて
ご紹介する記事を書きましたが、
今日、ある地下鉄の駅で
こんなものを見つけました。

オイスターカードで
チャリティに協力できる、というものです。

オイスターカードを購入の際には
デポジットとして5ポンドを支払う必要があります。

その5ポンドは、
カードが必要なくなった段階で
窓口にカードを返却すれば
戻ってくることになっていますが、
それをチャリティに寄付できるのです。

デポジット以外に
チャージした金額が残っていて、
でももうそれを使用しないから
その分もすべて寄付する、というのも
もちろん歓迎されます。

つまり、使用しなくなったオイスターカードを
このボックスに入れて、
チャリティに協力しましょう! という呼びかけです。

ロンドンに観光でいらして、
最後にヒースローの駅でオイスターカードの払い戻しを
することももちろんできますが、
最後に寄付をする、というのも
よいかもしれませんね。
(ただ、ヒースローの駅に
このボックスが設置されているかは
まだ未確認なので、ご存知の方が
いらしたら、教えてください!)

こういう活動は
イギリスらしいものだな、という気がします。

*ツイッターでも英国暮らしのあれこれをツイートしています。
’Follow mami on Twitter’ をクリックして
フォローしてくださいね。

バナーにほんブログ村 海外生活ブログへ
↑ブログランキングに参加しています。
今日の記事を気に入っていただけたら
クリックしていただけるとうれしいです。

*コメント大歓迎です。また、
メール、お仕事のご依頼はこちらからお願いします。

{ 4 comments… read them below or add one }

Hiro 2月 13, 2012 9:59 am

これはいいアイディアですね。
それに、浸透していけば、かなりの収益を上げることが出来る
案だと思います。
オリンピック客への周知の仕方なんかも考えられているかも!?
ですね^^

mami 2月 13, 2012 11:16 pm

Hiroさま、コメントありがとうございます。

確かに、オリンピック客の方たちが協力してくれれば
かなりの募金が集まりそうですよね。

わたしのブログやツイッターだけでは
情報伝達にも限りがありますが、
この活動を知った方たちが
宣伝してくださったら、輪が広がりそうですよね。
(皆さん、よろしくお願いします〜。)

Hiro 2月 14, 2012 9:33 am

オリンピックを迎える側の国の方々は、日常生活への影響とかもなにかと
あることと思います。
さらに、その中から情報発信をされる方々は、ほんと大変だと思います。
でもその情報を楽しみにしている人が沢山いますので、がんばって発信を
続けてくださいね!  まってます^^

mami 2月 16, 2012 6:30 am

Hiroさま、いつもあたたかいメッセージを
ありがとうございます!

イギリス人の中には
オリンピックを歓迎していない人も
実はかなりいたりするようですが…
とはいえ、せっかく開催するのですから
ぜひ成功して、参加した人、見た人が
楽しめるものになってほしいです。
微力ですが、できるかぎりの情報をお届けしますので
これからもよろしくお願いいたします♪

Leave a Comment

Previous post:

Next post: