英国・冬の鬱対策(SAD Light)

by Mami on 10/02/2010

bluelight

暗闇の中にあやしく光る青いライト。

これは何かというと、

冬の日照時間の短さから
気分が落ち込んでしまう、鬱状態になってしまうという人に
エネルギーを与えてくれるというライトです。

商品名は goLITE BLU Energy Lightという長い名前ですが
わが家では「ブルーロボコン」と命名されています。

イギリスで「SAD」と呼ばれる冬の鬱、
Seasonal Affective Disorderについては
以前にもこのブログで触れたのですが
(そのときの記事はこちらをどうぞ)
日照時間が極端に短くなる冬のイギリスでは
これにかかる人がたいへん多く、
わたしもそのひとりというわけなのです。

特に去年の冬は
例年以上に雨が多く、暗くて湿った日が多かったため、
いつもはそれほど落ち込まないという人でさえ
鬱症状になった人が増えたということもききました。

わたしの場合には
普段の冬でさえかなり持ちこたえるのが大変なのに
プライベートでのいろいろも重なり、
そして
外出もままならない天気が続き…で
今まででももっともひどいほどの落ち込み方でした。

このままいくと
ちょっとたいへんなことになりそうだな…と
自覚もあったところで、
家族がこのライトを買ってくれたのです。

それからは、だいたい毎日20分ほど、
このライトを浴びていました。

で、効果のほどはといえば。。。

実は、わたしの場合、
病院で抗鬱剤も処方してもらったので、
実際のところ、どの程度、このライトの効果があったかは
よくわからないのです。

アマゾンのレビューなどでは、
劇的に効果があったということを書いている人もいますし、
もちろん、そうでない人も…。

わたしは二人の医師に
このライトのことを相談しましたが
どちらも
「体に害はないものだから、
自分が気分がよくなる、効果があると思えば
使っていいのでは」
との意見でした。

このSADというのは
気持ちのもちようでなんとかなる、というものでもないので、
自分がこの症状だと思ったら
きちんとそれを自覚したうえで(まずは
医師や専門家に相談して)
対策をしたほうがよいと思います。

すでにこれまで症状のあった方なら
早めの対策が必要かもしれませんね。
ちなみに
今年はすでに8月末から(毎日ではありませんが)
このライトを使用しているわたしです。
(でも、やっぱり、雨が続いて暗いと
ど〜ん、と沈んでしまうんですが…)

このライト、時差ボケ解消にも
効果があるらしいので、
それは、今度、日本に帰省した折りに
効果を試してみようと思います。

日本にいる皆さんには
「冬の鬱」は
あまり聞き慣れないものかもしれませんが、
このブログを読んでくださっているイギリス在住の皆さんの中には
同じような症状をおもちの方もいらっしゃるかもしれませんよね。

以前の記事にも書きましたが
以下のような対策があるそうですので、
必要でしたらご参考に…。

1.日光と同じ光の強さ(1万ルクス)の光を
放射する特別なライトを買って、
毎日一定時間それにあたる。
(これは今回ご紹介したようなライトのことですね。
ご紹介した商品以外にも
色々なライトが販売されています)

2.冬の間は、イギリスを離れ、
太陽のある南国などへ旅をする。
(これはわたしがもっとも望む対策!!!)

3.食生活に気をつける。
(でも、食べてしまうんですよ、食べたくもない
甘いものを…)

4.気がすすまなくても、毎日必ず適度な
エクササイズをする。
(むむむ。。。)

5.たくさんのKissesとCuddlesをしてもらう。
(これは家族の協力愛が必要ですね)

。。。なんだか今回は、
鬱々した話題になってしまいましたが、
暗くて寒いイギリスの冬とはいえ、
クリスマスなど、たのしいこともたくさん。

このブログでも、
なるべく「たのしい冬のイギリス」を
お伝えしたいと思います。

バナーにほんブログ村 海外生活ブログへ
↑ブログランキングに参加しています。
今日の記事を気に入っていただけたら
クリックしていただけるとうれしいです。

*コメント大歓迎です。また、
メール、お仕事のご依頼、
写真貸し出しのお問い合わせは
こちらからお願いします。

{ 2 comments… read them below or add one }

Welco 10/14/2010 4:19 pm

私自身、お天気や気圧に 結構動かされることが多いので
ずっと イギリスのお天気のこと 気になっていましたが
やっぱりそういうことがあるのですね。

音楽はどうですか?
先日、娘が元気なく、今 お気に入りの楽しい歌を聴かせたところ
たちまち元気になりました。

でも本当に落ち込んでいるときは、暗い曲がいいと言います。
私の場合は、その時 心が求めている音を探してみたり・・・
色々聴いていると、 へぇ~私、今こういうのを求めているんだ って
想っていなかった音楽だったりもするんです。
心との対話ですよね、きっと。
そういえば、カナダに住んでいたころ、辛い時ひとりで歌ったりしてたなぁ。

mamiさんにも 何かよい方法がみつかりますように・・・ 

mami 10/14/2010 8:20 pm

Welcoさま、コメントありがとうございます。

音楽か、それは気づきませんでした。
普段、音楽は聞いているものの
元気のないときに
意識して音楽を聴くようにはしていませんでした。

今度、試してみます。
音楽の力って大きいですものね。

素敵なアドバイス、ありがとうございます♪

Leave a Comment

Previous post:

Next post: