ロアルド・ダール生誕100周年/SKAYWARD 8月号

by Mami on 9月 13, 2016

JAL機内誌『SKYWARD』8月号の 「Bookmark for Traveler」にて
ロアルド・ダール生誕100周年記念について
ご紹介させていただきました。

ロアルド・ダールといえば
今夏上映の映画『The BFG』や
『チャーリーとチョコレート工場』などの原作でもおなじみ、
英国を代表する児童小説作家です。

そのダールの誕生日は1916年9月13日で
ちょうど100年前の今日。

今年は生誕100周年ということで、
イギリス国内では様々なイベントが開催されています。

記事でご紹介したのは
ダールが1990年に亡くなるまで
36年間住んでいた南東イングランドの
グレート・ミセンドンにある
『ザ・ロアルド・ダール・ミュージアム・アンド・ストーリー・センター』。

ここでは、
ダールが執筆していた書斎がそのまま再現されていたり、
彼の直筆の手紙や原稿、
数々の写真も展示されています。

子どもたち用に
たくさんのアクティビティも用意されていますが
大人のファンにとっても
たまらない場所。

この博物館では、今日は「Roald Dahl’s after school birthday party」として
午後3〜5時までの間、入場無料にて入館することができます。

ストーリーテリングやクラフトなど
アクティビティもあるそうです。

また、17日(土)には
「Museum of the Unexpected, Roald Dahl Day celebrations」として、
やはりお祝いのイベントが開催。
こちらはチケットが必要なのですが、
残念ながらすでに売り切れの模様。
(ロアルド・ダールの人気を考えれば当然ですが…)

それにしても、ダールという人物は
素晴らしい作品をたくさん残したというだけでなく、
自身の人生も
ドラマティックなものだったのだ、ということを
ここでの展示だけでなく、
少し前にBBCで放映されたドキュメンタリー
『The Marvellous World of Roald Dahl』
でも感じました。

イギリスだけでなく、
世界中で愛読されているロアルド・ダールの作品。

そして、作品だけでなく
ダール自身も魅力的な人物だったのではないかと想像します。
(長身でハンサムのダールはかなりもてたらしい?)

今日だけでなく、今月中は
イギリス各地で彼に関する
様々なイベントが開催されます。
英国ニュースダイジェスト
ロアルド・ダール特集
「ロアルド・ダールを見る・聴く・食べる」では、
様々なイベントが紹介されています。)

日本からでも参加できる
こんなページもありますよ!

*The Roald Dahl Museum and Story Centre
住所:81—83 High Street, Great Missenden,
Buckinghamshire, HP16 0AL
電話番号:01494 892192
ウェブサイト:http://www.roalddahl.com/museum

*日々の仕事、近況、撮影した写真などを
facebook「マクギネス真美」ページに
掲載していますので、
よろしければそちらもご覧くださいね。

*メールでのメッセージ、
取材、撮影、翻訳等、
お仕事のご依頼はこちらからお願いします。

Comments on this entry are closed.

Previous post:

Next post: