英国・素敵なもの—手をつないで歩く。

by Mami on 4月 7, 2015

英国で素敵だな〜、と思うものはいろいろありますが、
なかでも、見るたびに「にんまり」してしまうのが、
手をつないだカップルです。

ずっと昔、日本で「チャーミーグリーン」という
台所用洗剤のコマーシャルの中に
老夫婦が仲良く手をつないでいる、というシーンがありました。

結婚したての友人の中には
「チャーミーグリーンに出てくるような
いくつになっても仲良く手をつないでいる夫婦になりたい」なんて
言っていた人もいましたっけ。

イギリスでは、手をつないで歩いているカップルは
そこら中でみかけます。
街中でも公園でも海辺でも、どこでも!

若者だけでなく、子どもを連れた人たちや
もちろん、二人ともがシルバーグレイのヘアをしたカップルも。

ここでは、カップルが並んで歩く時には
自然にお互い手がすっとでて
それをつなぐのが当たり前、という感じなんですよね。

高齢の二人というのも素敵なんですが、
わたしが特にいいな〜、と思うのが
ファミリーでいるときにカップル(夫婦)が手をつないでいること。

子どもが小さいときには
親が子どもと手をつなぐのは
イギリスでも当然のことなんですが、
子どもたちがしっかり手を握ってなくても大丈夫なくらいの年齢になると、
親は子どもの手ではなく、パートナーの手をつないで歩いている、
というのをよく見かけます。

子どもたちも
それを当然のこととして
手をつなぐ親の前をはしゃぎながら小走りしたり、歩いたり…。

離婚などでシングル・ペアレントの家庭も多いイギリスなので
目にしたファミリーが必ずしもすべて
実の親子の組み合わせとは限りませんが(つまり、片方の親は
生みの親で、その隣にいるは現在のパートナーということもおおいにある)
それでも、
子どもも大人も、カップルが手をつなぐことを
自然に行い、受け入れている、っていうのがよいではありませんか。

日々生きていればいろいろなことがあるし、
それぞれのカップルにはそれぞれの歴史や事情があるでしょう。

二人でいることがいつも楽しいことばかりとは限らないだろうけれど
それでもお互いに手をつなぎあっていられる、
そういうのって
素敵だなと思うのです。

*日々の仕事、近況、撮影した写真などを
facebook「マクギネス真美」ページに
掲載していますので、
よろしければそちらもご覧くださいね
*メールでのメッセージ、
取材、撮影、翻訳等、
お仕事のご依頼はこちらからお願いします。

Comments on this entry are closed.

Previous post:

Next post: