イギリスの母の日 (Mothering Sunday)

by Mami on 4月 13, 2011

母の日、日本では5月の第2日曜と決まっていますよね。

母の日

イギリスでは、今年は4月3日でしたが、
実は、この地では母の日は毎年変わります。

というのも、
復活祭(イースター)の日曜の3週前の日曜が
母の日となるからです。
その基準となるイースターが
「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日(ウイキペディアより)」と、
毎年異なる日になるため、
必然的に母の日も毎年違う日になるというわけなのです。

また、イギリスでは
母の日にカーネーションを贈る、という習慣はありませんが、
プレゼントとして贈るものは、
やはり花束という人たちも多いよう(もちろん、
花束プラス他のプレゼント、とか、チョコレートとか、
人によってそれぞれではありますが)。

カードを贈り合う文化がまだまだ根強く残っているので
もちろん、カードも欠かせません。

毎年、イギリスの母の日のほうが早いので
わたしは日本の母に贈るためのカードを
この時期に買っておきます。

でないと、5月に、センス良い素敵な母の日のカードを探すのって
とっても難しいのです、この国では…。

日本の母の日には
まだ一ヶ月ありますが、
皆さんはどんなカード、贈り物をプレゼントするご予定でしょうか。

バナーにほんブログ村 海外生活ブログへ
↑ブログランキングに参加しています。
今日の記事を気に入っていただけたら
クリックしていただけるとうれしいです。

*コメント大歓迎です。また、
メール、お仕事のご依頼、
写真貸し出しのお問い合わせは
こちらからお願いします。

{ 2 comments… read them below or add one }

YOKO 4月 19, 2011 10:04 pm

母の日が毎年変わるっておもしろいですね。
しかも満月の次の日曜日ていうのも可愛い響きです。
日本の母の日はカーネーションが定番ですね。
今年は何をしましょうかね。もっぱら毎年ケーキを食べている気がします。
花より団子なんですよ。

mami 4月 22, 2011 12:16 am

YOKOさま、コメントありがとうございます。
「花より団子」の母の日、いいですね〜。
わたしも以前はそうでしたが
最近は、母には花を贈るようにしています。
自分で花を買うタイプの人ではないので、
誕生日や母の日くらい、
香りの良い花を身近に置いてもらいたくって…。
でももしかしたら母は食べ物のほうがいい、って
思っているかもしれません(笑)。

Leave a Comment

Previous post:

Next post: